ジャイアント・シュナウザーを愛する人たちへ。
ジャイアント・シュナウザー クラブ オブ ジャパン
   
 
   
   





 
 
 
 
 
 
 

<歴史.沿革>
ジャイアントシュナウザーは、19世紀の初頭にドイツでスタンダードシュナウザーと黒のグレートデンやブービエ・デ・フランドル、プードルなどを
交配して作出され、リーゼンシュナウザーと呼ばれていました。
当初の目的は、家畜(主に牛)を牧場から鉄道のステーションや市場まで搬送する際の護衛犬でしたが、犬による搬送が禁止されてからは警察犬、軍用犬、救助犬として活躍しています。
大きな特徴は、スクエアな構成、長い眉毛と口ひげ、断尾、断耳、穏やかな性格。 近年、動物愛護精神によって、ヨーロッパでは断耳をしない場合もあります。 (注) 1997年6月 ドイツでは、本来の目的に使用される犬以外の断尾を禁じました。これにより、断尾犬種のブリーディングが約20%減少するのではないかと、懸念されています。

Giant Schnauzerは、他犬種と比較して賢く訓練性能の高い犬種です。
阪神大震災の時、スイスから来た災害救助犬の中にもジャイアントがいました。

Giant Schnauzerは、陽気で人なつっこい性格です。
幼いお子さまのいらっしゃるご家庭でも安心して飼えます。

Giant Schnauzerは、換毛期と呼ばれるものがありません。
毛抜けが少なく室内で飼える大型犬です。



Giant Schnauzerは、体臭が少ない犬種です。
一般に黒い犬は体臭がきついと言われますが、体臭は少なく室内で飼っても安心です。


Giant Schnauzerは、希少犬種です。

 
  
Copyright (c) 2006 Giant Schunauzer Club Of Japan  All Rights Reserved.
inserted by FC2 system