ジャイアント・シュナウザーを愛する人たちへ。
ジャイアント・シュナウザー クラブ オブ ジャパン
   
 
   
   









 
 

第12回 What you should know about Giant Schnauzer -10

V-1.新しい子犬の世話の仕方 
                   by Kathleen Mayer

自分のジャイアント・シュナウザーを所有すると、ブリーダーと獣医が親友になるでしょう。

問題がある時はなんでも相談しなさい。健康については獣医に、繁殖や訓練についてはブリーダーに。

子犬を家に連れて帰った時は、まず、

●平穏と静けさを犬に確実に与えるようにしなさい。

●友達が訪問するのも2、3日待ってもらいなさい。

●犬に話しかけ、安心させなさい。

●重い食器の中にいつも新鮮な飲み水が入っているようにしておきなさい。

●ブリーダーが与えていた食餌と同じものを与えなさない。普通は一日少しずつ7、8回。徐々に新しいことに慣らして
 
  いきなさい。でないと子犬は病気になる。

●最上のドッグフードを与えなさい。ブリーダーに推薦された栄養補給物だけを足しなさい。

 (GSCAはすぐ成長するよう餌をやりすぎたり、不必要な栄養補給品を与えないよう注意している、

  これは重大な問題を起こすこともある。)

●子犬に絶対に鳥や豚のあばら骨を与えないこと。 

 大きなすねの骨は、子犬が噛みしゃぶった後、取り上げるのなら安全である。

●子犬の檻は居間か台所に置くべきである。

  夜中と家族が留守でひとりで留守番している時は、戸を閉めた状態でその中に入れて置きなさい。家庭にいる子供

  たちは子犬の檻に絶対に入ってはいけない。犬が檻の中にいないときは、戸を開けておき、いつでも入れるようにし

  ておきなさい。

●寄生虫がいないかチェックし、必要に応じて処置しなさい。獣医に検便をしてもらうことは重要である。

  自分ではすることができないし、虫下しは獣医の監督のもとでのみ与えること。ブリーダーは予防注射の記録を出し

  てくれるでしょう。獣医はそれを見て何が必要かわかる。一回打てば一生しなくていい注射というものはない。

  ジステンパー、肝炎、レプトスピラ病(DHL)、パルボビイルス、狂犬病に対しては計画して定期的に予防注射を受け

  させるべきである。自分の犬の予防接種は最新にしておくこと。

●子犬のトイレの訓練をする時、5カ月までは子犬は自分の膀胱をコントロールすることはできないということを頭にい

  れておきなさい。従って定期的に外に連れていき、どこでトイレをすればいいか教えるのは飼い主の責任である。

  規則的な方法は、朝一番に、夜最後に寝る前に、食後・運動の後、昼寝の後、自分の周りをクンクン匂いを嗅ぎ始め

  た時。ちゃんとした場所で トイレをした時は、大げさに誉めてやること(元気づけたり、手を叩いたり)。子犬がそそう

  をした時は、犬の責任ではなくあなたの責任であるということを忘れないこと。あなたが十分な注意を払っていなかっ

  たのである。最も重要なことは、そそうをして叱っても時間の無駄だということである。体罰を与えたり、特別きつく叱

  ってはいけない。鼻をそそうに押しつけたり、叩いてはいけない。用を足している途中の場合でも、すぐに外に連れて

  行きなさい。そこで用をすまさせて誉めてやりなさい。ちゃんとしたトイレの訓練には忍耐と監督が必要である。

  子犬を扱うときは、子犬は自分に期待されていることをすぐには理解できないということを覚えておくこと、そして時に

  はそそうをしても、彼は我慢ができなかっただけである。あまり多くの期待をかけないように。

●ジャイアント・シュナウザーには毎日時間を決めて同じ時間に十分食餌をやること。

  毎年予防注射と健康診断を受けること。ダニやノミがいないか、皮膚や目が健康か毎日見てやること。

  足の爪を短く切っておくこと。ブリーダーが切り方を教えてくれる。定期的にブラッシングをする事は大切である。

  顎髭は食後といてやること。寄生虫検査とと心臓につく寄生虫(フィラリア)にたいする血液検査を定期的に(6カ月

  毎)受けること。愛犬の世話をちゃんとすればするほど、愛犬もあなたの世話をよりよくしてくれるのである。

V-2.大便の清潔な処理の仕方  
   
ジャイアント・シュナウザーを飼っているか、これから飼おうとしているなら、責任のある所有者として非常にデリケート

な問題に気づくべきである。犬が公共の場所や他の人の所有地内で運動中大便をした時、後かたづけをするという義

務である。ジャイアント・シュナウザーは便も含めてすべての点で巨大である。ミニチュア・シュナウザーやトイ犬種の

ような犬を飼っている人と違って、ジャイアント・シュナウザーが芝生や歩道でしゃがんでいる時は、気づかない振りは

できない。そこに残されたものは誰の目にもつくし、臭うし、踏む人もいる。

我々のジャイアント・シュナウザーの渉外活動についても気にかけるなら、犬に対する我々の愛情を共有しない人たち

に対しても実際的な関心を示さなければならない。彼らに我々の4本足の友人たちを非難させる原因を与える必要はな

い。非合理的に犬が大嫌いという人は不幸にも少しはいるが、その原因はたいてい犬でなく所有者を非難すべきで、飼

い主の犬にも劣る無作法に基づいている。ジャイアント・シュナウザーが公衆で迷惑な行為をした場合、後かたづけを

するのは飼い主の責任である。大都市や郊外の住宅地では法律違反になってきている、後始末をしないと召喚され罰

金を払わされる軽犯罪である。

家から遠く離れていて、スコップ等を持っていない場合どうすればいいかという問題が起こるが、これは簡単に解決さ

れる。ポケットやバッグにいつも穴のあいていないポリ袋と紙ナプキンを畳んで入れて置きなさい。スーパーで野菜や

果物用においてあるので十分です。これなら場所も取らないし、重くもない。しかし、すばらしい働きをしてくれる。手に

袋をかぶせて、便をさわることなしにつかみ、袋から手を抜きながらひっくり返しなさい。紙ナプキンは必要なら後始末

に使えます、そして一緒に袋の中にいれ、近くのごみ箱に捨てなさい。


V-3.檻=犬の最上の友達  
     
あなたのジャイアント・シュナウザーがショー用の犬になるのか、服従訓練を受けるのか、あるいは最も大事なあなた

やあなたの家族のペットになるにせよ、自分の檻を持っていると犬にはとても役に立つ。檻を初めて見た人の印象とは

反対に、檻は犬に取って残酷ではない。檻の大きさが犬にあっていて、犬の毎日の生活習慣の一部として使われてい

ると、犬はその檻に慣れるだけでなく、自分自身の特別の場所として楽しむようになる。多くのジャイアント・シュナウザ

ーのブリーダーたちは、断耳する頃から子犬の安全のために檻に入れ始める。従って、子犬は新しい家庭に落ち着く

頃までに檻に既に慣れている。ブリーダーの中には新しい所有者に子犬と一緒に檻も売る人もいる。その理由は、檻

が子犬と新しい家族との間での不必要な問題が起こるのを防ぎ、幸福に新しい家庭に慣れるのを保証する。

以下のリストはジャイアント・シュナウザーと新しい家族に対して、檻がいかに役に立つかについてのいくつかの考えで

ある。

1.トイレの訓練

子犬が括約筋を自分でコントロールできるまでは、檻はおもらしを避けるのに使われる。一般的に子犬は自分のベット

を濡らしたくない。最初はおもしをするかもしれないが、2、3日で普通は自分中に入れておくと、彼は自分の犯罪の現

場から離れることができない。彼が自分でコントロールできるようになるまでは、檻の底に新聞紙を厚く敷いて置くとい

い。

2.噛むのを防ぐ

子犬は椅子や絨毯、靴、壁までも噛みまわるという話を聞くのは別に珍しいことではないでしょう。

どの子犬も噛むのが好きである。そして、ちゃんと閉じこめて置かないと、楽しみまたは退屈のために家中噛みまわっ

て大被害を与える。これは非常に簡単に防げる。家の中に子犬をひとりでおいて置く時、あるいは見張っていない時は

檻の中に入れておけばいい。かなり長時間檻の中に入れておかなければならない時は、まず最初、外に連れていき散

歩させなさい、それからお気に入りのおもちゃと一緒に収容箱の中にいれておきなさい。大きな生皮の様な安全なおも

ちゃを与えなさい。骨やゴムのおもちゃの場合、留守中にのどに詰めることがある。子犬が子どもの時に噛んではいけ

ない物を噛む癖をつけていなければ、大人になってこの悪い癖を発展させることはない。

 

3.犬にとっての避難所

子犬の檻はすぐに自分の特別の場所になる。自分のベットであるだけでなく、疲れた時やひとりになりたい時の避難所

である。子犬を閉じこめる必要のない時は、いつも戸を開けておきなさい。すると犬は自分で選んで自分の家に入って

行くでしょう。他の犬や子ども達から離れた自分自身の静かな場所である。赤ん坊の子犬は長時間の睡眠を必要とす

るし、大きくなった犬も人間と同じように、自分自身の部屋を持ちたがる。

4.便利性

お天気が悪くて、犬が泥だらけで濡れているとき、檻の中に入れて乾かすことができる。カーペットや家具を掃除するよ

りも檻の中のきたない新聞紙を交換する方がずっと楽である。盛装した客や犬の嫌いな人が来た時、子犬の扱い方を

知らない子ども達がいる場合、犬を檻の中に入れておくこともできる。

5.旅行

よそへ行く時、檻は犬にとって非常に便利な場所である。犬を歓迎しないモテルでも檻に入れてあると言えば許可して

くれる。繁殖、ドッグ・ショー、訓練等のために飛行機に乗せる時も檻に入れておくといい。檻に入ることに慣れていると

犬にとっても旅行は楽である。

6.ドッグ・ショーに出す

犬を体型や服従のドッグ・ショーに出す場合、犬が檻に入れられることに慣れていなければならない。自分のクラスの

出番を待っている間、手入れする場所で清潔に静かに待つことができる。檻の中にいると、他の犬や通りがかりの人か

らも守られる。

子犬は命令で檻に入るよう教えられるべきである。これを教える最も一般的な方法は檻の中の床をたたき、「Kennel」

と言えばいい。子犬の中にはすぐに飛び込むものもいる。子犬が自分から入ろうとしないなら、やさしく彼を押し入れ、

その命令を繰り返すといい。おおげさにほめると、すぐに入るようになるだろう。食餌も檻の中で与えると積極的に入る

ようになる。昼間やあなたが家にいる時は戸は開けて置きなさい。すると自分から入るようになる。

檻を選ぶ場合、犬が大人になった時もその中で立ち、向きを変え、快適に横たわれるぐらい大きなものを選びなさい。

ジャイアント・シュナウザーにとって適当な大きさは、幅22インチ、長さ40インチ、高さ27インチ(W55cmXL100cm

X高さ68cm)である。底の皿はトイレの訓練をする時非常に便利である。しっかりした造りの物を選びなさい、特に戸と

鍵の部分が。収納や運搬が簡単なようにたいていの檻はたためる。良質の造りの金網の収容箱がよい。ペットショップ

や通信販売、たいていの大きなドッグ・ショーの会場で簡単に購入できる。いい商品を売っているところは多い。いくつ

かの有名店はリストしておいた。犬の雑誌等で他の店も簡単に探せる。子犬に投資することと比較すると、そして、彼

の幸福とあなたの家の幸福のための保険と考えると、檻の値段は大したことはない。一般的にはペットショップよりも直

接製造業者と取引をするかドッグ・ショーの会場で求めると安くすむ。

●いくつかの注意

針金がはずれていないか、戸の鍵はしっかりしているかを時々チェックすること。檻に入れる時は絶対に首輪をしない

こと。首輪が引っかかったり、犬が首輪に絡まることがあり、その結果、けがをすることがある。非常に便利なので必要

以上に長時間犬を閉じこめておきたい時もあるが、檻を使いすぎないこと。

 

V-4.柵と家
             
ジャイアント・シュナウザーは家で飼える理想的な犬である。断尾しておくと、コーヒーテーブルの上の紅茶を尻尾を振

ってひっくり返すこともない。毛もちゃんと手入れしてあると、抜け毛も最少ですむ。彼らが自分の場を持つことは絶対

に必要である。居間の隅や台所に檻をおいてやるのが理想的である。ジャイアント・シュナウザーは12〜18カ月で成

犬になる。すると家の中でも信頼できるようになる。そうなると檻があなたの室内装飾の計画とあわない場合、檻をベッ

トにかえるといい。

快適で魅力的なベットは簡単に作れる。4インチのフォームを買ってきて、それを3フィートの正方形に切りなさい。短い

けばのついたプラシ天のアクリルのパイル(模造毛皮)でカバーをつくりなさい。これは鉄のように丈夫で、洗濯にも耐

え、普通は幅60インチで売っていて、いろんな色や明るい格子縞のものがある。あなたのジャイアント・シュナウザー

はヒョウのようなルックを好むでしょう。

しっかりした柵のついた裏庭は絶対に必要である。台所や勝手口の戸から直接そこに出られるのが望ましい。

◆覚えて置くこと

よい柵はよい隣人を作る。特に、隣人が犬を飼っている場合。よい柵は、また、飼い主を幸福にする。「我々は柵など必

要ない。毎日鎖につないで散歩に連れて行く」という人もいる。もしこうしたことがちらっとでも頭に浮かんだのなら、ジ

ャイアント・シュナウザーを毎日一日4回、雨が降ろうが、雪が降ろうが、凍りつくような寒い日でも散歩に連れて行くこ

とを想像しなさい。雨が降っている日に子犬を鎖につないで、片手にスコップを持って完全武装で散歩に出かけるよりも


子犬を台所の戸から庭に押し出す方がずっと楽である。いつもポリ袋とスップを持っている姿を想像しなさい。それが生

活様式になるのである。では柵の高さはどの程度必要か。

少なくとも5フィート、できれば6フィートあればいい。庭全部に柵を付けられない場合、裏口につながる場所だけでも柵

を作りなさい。細長い形(30〜40フィートの長さ)で。外側はチェーンリンクがよい。隣人の家族が多い場合、プライバ

シーの保てる柵の方がいい。一日中外に出しておく場合、日陰、新鮮な水、雨宿りの場所を確保しておくこと。

Larry Muellerの"Successful Pet Homes"にこれについて詳しい指示が載っている。

最近人気が出てきている便利なものは犬専用の戸である。いろんな型のものが市場に出回っているが、それぞれの場

所と目的にあわすべきである。犬がその使い方を学ぶと、自分で散歩に行けるようになり、非常に便利である。もちろん

雨や雪の降る日はタオルを持って待っていなければならないが。入口に厚手の毛深いマットを敷いておくと、家中に泥

や砂がまかれるのが防げる。外でマットの砂を振り落とせるように取り外しのできるものが望ましい。あなたのジャイア

ント・シュナウザーが非常に賢ければ足を拭くことを教えることも可能である。

あなたの犬が戸外用であるならば、新鮮な水を十分供給することが問題となる。現在出回っている「自動給水装置」を

いろいろ調べなさい。たいてい屋外用の水道に簡単に取り付けられる。そしてお椀の中にいつも水が流れるようになっ

ている。暑い日に犬にとって丁度適当な快適さを与えるでしょう。


                  
 

次回 第13回は、 What you should know about Giant Schnauzer -11
           
         V.ジャイアント・シュナウザーの世話
            V-5.耳を立てる  V-6.毛の性格と手入れ  V-7.ペットの手入れ 
Copyright (c) 2006 Giant Schunauzer Club Of Japan  All Rights Reserved.
inserted by FC2 system